静岡から高速7路線、高速バスならしずてつエクスプレス

しずてつジャストライン

安全への取組み


車両安全対策

衝突防止補助装置
衝突防止補助装置(モービルアイ)
モービルアイは、衝突防止補助システムで、車両のフロントガラスに取り付けたカメラが前方車両との距離やふらつき運転、歩行者との接近等、衝突の危険性を察知した場合に警報音と、アイコン表示で乗務員に知らせます。
眠気検知センサー
眠気検知センサー(フィーリズム)
ドライバーの脈波から眠気の傾向を察知し、ドライバーに瞬時に通知するセンサーです。
※ドライバーが乗務中に装着しているイヤークリップが眠気検知センサー(フィーリズム)です。
衝突被害軽減ブレーキシステム
衝突被害軽減ブレーキシステム
衝突時の速度を抑え、衝突被害の軽減に寄与するシステムです。走行中、ミリ波レーダーが常に前方を検知・分析。万一追突の恐れがある場合に警報やブレーキ作動で注意を促し、追突の可能性が高くなるとより強力なブレーキが作動します。

ドライブレコーダー
ドライブレコーダー
走行記録を録画し、万が一の事故や乗務員の指導等に活用します。
デジタルタコグラフ
デジタルタコグラフ
走行中の速度等の変化をグラフ化し、運転の状況を正確に把握できるようになっています。これにより、運転手の運転指導が可能となり、交通事故防止を実現します。
横滑り防止システム
横滑り防止システム
カーブを曲がる時に起こる横滑りを抑え、車両を安定させるシステムです。車両の横滑りをセンサーが検知すると、各タイヤに自動的にブレーキをかけたり、エンジンパワーを制御し車両を安定させます。

緊急事態発生表示装置
緊急事態発生表示装置
バスジャック等の緊急事態発生時に、バスの行先表示装置に「緊急事態発生」を表示させ、青いSOSランプと共に周囲の車両等に異常を知らせます。
ドライブモニター
ドライブモニター
画像センサーを用いて走行中ドライバーの顔の向きや瞳の開閉状態をカメラでモニター。前方への注意力不足を検知した場合、警報音と警告表示で注意を喚起します。

※バス車種によって搭載されている装備は異なります。


安全への取組み
運行管理体制
教育訓練
安全運転訓練
車両安全対策
車両整備体制


静岡新宿線

東京清水線
静岡横浜線

静岡大阪線
静岡甲府線

静岡成田空港線
相良渋谷線



ページの先頭に戻る