しずてつジャストライン中途サイト

会社説明会・
書類応募
エントリー
先輩社員の転職体験談
 
加藤さん01

家族のために安全安心の会社を


運転士(路線・高速バス)
加藤さん
2011年入社

経歴
静岡市清水区出身。現場作業員をしていた25歳の時、生まれたばかりの子どものためにも充実した福利厚生制度や社会的信頼のある会社に勤めたいと転職。未経験での入社だったため入社してから大型2種を会社負担で取得。
休日
オフの日は子どもと遊んだり、マンガや映画を観たり。家族や自分の時間を大事にしている。休日前の夜はお酒も少々。


Q1
入社のきっかけは?
当時、現場作業員の職に就いていました。仕事や人間関係に不満はありませんでしたが、天候によって収入に影響が出たり、他にもけがのリスクなど働く上で不安な点がいくつかありました。そんな中、子供が生まれ、家族のためにも安定した会社への転職を考え入社を決めました。
加藤さん02

Q2
入社前のイメージとどう変わった?
最初は、あんなに大きなバスを運転できるのかと不安でした。でも、教育がしっかりしているので大丈夫。ベテランの教官が運転席の横で安全確認の目配り方法まで細かくチェックしてくれるので、おかげで思ったよりも早く運転を覚えることができました。接客もこんなときどうする?と具体的に教えてもらえましたし、配属後も1カ月ほど班長が同乗して教習するので、困ることはなかったです。

Q3
仕事は面白い?
高速バスの登用試験に合格し、現在は運転資格を取って、路線バスと高速バスを兼務しているので、両方の面白さがあります。お客さまから「ありがとう。運転うまかったですね」と声をかけていただくと嬉しいですね。ブレーキやハンドル操作をゆっくりやさしくすることが、お客さまに安心して乗っていただくために大切なことなんです。また、運転していると幼稚園の子どもたちがバスを見て手を振ってくれたりするのも嬉しいですね。


加藤さんイメージ

Q4
大変だと思うことは?
運転士デビューして間もない頃は、安全に運行するというプレッシャーで大変でした。ほんの少しの失敗でも、お客さまはもちろん会社や整備の方にも迷惑をかけることになりますから。でも、教育センターや営業所の先輩たちから教わったことや、会社の運転ルールをきちんと守っていれば、失敗をすることはありません。今では周りの状況をしっかり確認して、ゆとりをもった安全運転ができていると思います。

Q5
しずてつジャストラインのいいところは?
営業所の人間関係はとても良く、楽しい職場です。先輩運転士の皆さんが相談に乗ってくれます。社内にはクラブ活動もあって、営業所対抗のフットサル大会や釣り大会などを楽しんでいる方も多いです。



Q6
入社を考える皆さんへ一言
大型車の運転をしたことがない僕のような未経験者でも、一人前になれる教育が整っている会社です。先輩からは「バスで営業所を出たら、会社の看板を背負っている」と教わりました。自分が乗るバスのすべてが自分に任されているという責任もありますが、その分やりがいもあり、地域への貢献を実感できる場面も多いと思います。

加藤さん03


男性運転士
女性運転士
静岡県外出身者
監督職・管理職


会社説明会・書類応募エントリー