TOP >会社沿革

会社沿革

1919(大正8)年~1930(昭和5)年
1919(大正8)年に駿遠電気(株)として創立し、1929(昭和4)年、弊社の起源となる静岡電気鉄道(株)自動車部が設立。正式に乗合バス事業に進出。翌年には大型貸切自動車事業に進出。
1917(大正8)年~1930(昭和5)年
久能山下(昭和4年)
~1945(昭和20)年
1938(昭和13)年、路線バス全線に停留所制を実施。1943(昭和18)年、陸上交通事業調整法に基づき、鉄道会社・自動車会社を合併し、静岡鉄道株式会社が誕生。太平洋戦争の期間中ゆえに、多くのバス路線が運行休止となり、静岡市・旧清水市は大空襲の被害が拡大し、社屋・バスの多くを損失。1945年、終戦を迎え、復興を促進するために増員を実施。休止していたバス路線の再開を目指し、業界に先駆けて大型ディーゼルバスの購入へと着手。その後、貸切バスは中距離時代へ。
~1945(昭和20)年
名古屋・テレビ塔下の静鉄観光バス
~1970(昭和45)年
1950年代に入ると、急速に進む近代化とインフレを追い風に、団体輸送バスの需要が拡大。1955(昭和30)年、新静岡バスセンターが竣工し、最新式のエアサスペンションを搭載したバスでパレードを行う。1962年(昭和37)年より、乗合バスに運賃箱が搭載された「ワンマンバス」運転を開始。1966(昭和41)年、全路線バスが使用できる「新静岡バスターミナル」が完成。多くの利用者が行き交う静岡市の街のシンボルタワーとなった。
~1970(昭和45)年
旧バスターミナル
~1985(昭和60)年
1974(昭和49)年、静岡市・旧清水市に集中豪雨(七夕豪雨)が発生し、多大な被害に見舞われ、通勤の足として欠かせない乗合バス路線の重要性を再認識することとなる。1980年代に入り、直線的なスピード感と安定感を盛り込んだ新感覚の外装デザインに変更。1983(昭和58)年、JR静岡駅北口バスホームが新設され、バスの発着スペースが拡大。県内外からの訪問者にも利便性の高い交通環境が整備された。この頃より、貸切バスに「二階建てバス」が登場。初運転は、当時開業したばかりの東京ディズニーランドへの旅だった。
~1985(昭和50)年
「草薙-県立美術館」運行開始
~2001(平成13)年
1994(平成6)年、従来現金で支払っていた運賃をプリペイドカード化し、さらに電車とバスのどちらも利用できる「パサールカード」システムを導入。1998(平成10)年には、高齢化社会の到来に対応し、乗り降りが簡単な超低床ノンステップバスを導入(車椅子の乗降も可能な設備も搭載)。2000(平成12)年に静岡市が全国6番目に「オムニバスタウン」に指定され、バスを中心とした交通環境設備を開始。2001(平成13)年、バスが動く広告塔として街を彩るラッピングバスを県内初導入。
~2001(平成13)年
CNG(天然ガス)バス
~現在
2002(平成14)年、しずてつジャストライン設立。2006(平成18)年3月、静鉄グループカード「ICカード」ルルカの導入を開始。2007(平成19)年、東京清水線及び新静岡新宿線の運行を開始。2008(平成20)年9月、静岡成田空港線の運行を開始。2009(平成21)年6月、静岡空港開港と同時に富士山静岡空港線の運行を開始。同年12月、静岡と横浜を結ぶ静岡横浜線の運行を開始。2011(平成23)年3月、京都・大阪方面の直行便となる静岡大阪線の運行を開始。同年10月、新静岡再開発により、新バスターミナルが誕生。2012(平成24)年7月、甲府駅・竜王を結ぶ静岡甲府線の運行を開始。2013(平成25)年3月、全国ICカード相互利用開始。2016(平成28)年12月、相良渋谷線の運行開始。2017(平成29)年6月、静岡新宿線(旧新静岡新宿線)が10周年を迎えた。
~2014(平成26)年
新バスターミナル
会社沿革
会社沿革
  • バス運転士
  • 養成バス運転士
  • 運輸基幹職
  • 整備職
  • 総合職

わたしの未来、私たちの暮らす街。

■静鉄グループの採用情報

静鉄タクシー運転士募集