しずてつジャストライン中途サイト

会社説明会・
書類応募
エントリー
先輩社員の転職体験談

 
宮原さん_top

多くの方に必要とされている。
これ以上のやりがいはありません。


運転士(路線・高速バス)
宮原さん
2011年入社

必要とされるよろこびを手に入れた宮原運転士の場合

無事故年数5年の社内表彰をされました。


「お待たせして大変申し訳ありません」。大雨や渋滞による遅延の際、車内マイクで何度もこうアナウンスし、遅延の理由をご説明します。声を荒げるお客さまはいらっしゃらなくても、ご不満そうな表情がミラーに写し出され、やはりつらい思いをします。そんなときは「絶対、焦らないぞ…」と自分に言い聞かせます。バス運転士になって10年。この「初心」を忘れず、毎日積み重ねて来たことが、社内の従業員表彰制度における「5年間無事故表彰」につながったのかもしれません。


埼玉県の出身です。妻と出会い、結婚して、彼女の実家がある静岡にやってきました。最初にクリーニング工場、次に重機のメンテナンス会社に勤めましたが、どちらも力仕事で、若いうちはいいけれど長く働けるかどうか不安でした。バス運転士なら長く続けられます。元々、運転が大好きですし、静岡では誰もが知っていて社会的信用度の高い会社でもあり、妻や義母も賛成してくれました。
people16_01


people16_02


多くの方に必要とされている。これ以上のやりがいはありません。


入社して驚いたのは、社員の皆さんがどなたも気さくで、思いやりの絆が想像以上だったことです。首都圏に生まれ育った者にすれば特筆に値します。「あの狭い道は、こうして回るといいよ」「バス同士の無線は遠慮せず、どんどん使うといいよ」「こんなお客さまには、こう応対するといいよ」というふうに、上下分け隔てなく相談に乗っていただけるのです。惜しげもなく情報・体験を共有する温かさは転職者として大変ありがたいことでした。
people16_03

都会との違いは、もうひとつ感じています。バスを生活の足にされている方が多いことです。特にマイカーを持たない学生さんやお年寄り、通勤時のビジネスマンの方に、しずてつジャストラインのバスはなくてはならない乗り物です。運転席に座りながら、「必要とされているよろこび」を実感することができています。


people16_04


運動と食事の自己管理でベストコンディションを維持しています。


人の命を預かる仕事です。お客さまのお役に立つためにも、安全運転を続けることが前提です。そして安全運転のためには、自分の健康管理が基本です。数年前からスポーツジムに週に2、3回ほど通って汗を流しています。ジムに必ず持参するのはスポーツドリンクを詰めた水筒。このほど当社は「第63回静岡県バス協会交通安全運転コンクール」で「静岡県交通安全対策協議会会長表彰」というとても名誉ある賞を受賞しました。この受賞の記念として会社より贈られた記念の水筒です。さらに運動だけでなく、食事にも気を配るようになり、野菜、タンパク質、ビタミンをバランスよく摂るようにしています。
people16_05

現在は高速バスの運行も任せられています。今回の無事故表彰に満足せず、安全運転にさらに磨きをかけるとともに、将来に向けて「運行管理者」を目指したいと思います。私たちと一緒に「多くの方に必要とされる仕事」をしませんか。想像以上に大変なこともあるかもしれませんが、どんなときも、焦らなければ大丈夫です。


男性運転士
女性運転士
静岡県外出身者
監督職・管理職


会社説明会・書類応募エントリー